コンシーラーで毛穴を隠せる?それとも毛穴が悪化する?




毛穴 コンシーラー


毛穴がブツブツで目立ってしまったり、毛穴が開いてしまっている状態は汚らしいですし、なんとか上手に隠したいという方は多いのではないでしょうか。毛穴の状態が気になるなんとかしたいという場合にはコンシーラーを使うのも効果的です。

コンシーラーは部分用ファンデーションともいわれていて、毛穴やシミ、シワなどをケアできるアイテムです。うまく活用することで見た目もキレイになれますし、コスパのいい商品も多いので便利に使うことができます。

コンシーラーにはいくつか種類があり、用途によって使いやすい使いにくいというのがあります。毛穴を隠すのに使う場合には、毛穴のタイプによってもオススメは違ってきます。

毛穴のタイプ別コンシーラーのおすすめ


・毛穴が開いているタイプ
加齢によるたるみなどが影響して毛穴が開いてしまっている方には、リキッドタイプのコンシーラーがオススメです。リキッドというのは「液体の・流動体の」という意味で水っぽいタイプのコンシーラーです。伸びが良くて肌になじみやすく、毛穴で凹凸のある肌にも馴染んで目立ちにくくしてくれます。広範囲のカバーにも適しています。

・毛穴が詰まっていて黒ずんでいる
この場合、スティックコンシーラーが効果的です。伸びはリキッドコンシーラーよりも良くないですが、カバー力が高いのでしっかり毛穴をカバーできます。シミやほくろ、ニキビ跡を消したりするのにも使われています。使い勝手もいいので普段あんまりコンシーラーを使ったことがない初心者のかたでも使いやすいのも特徴です。

ただ、使い慣れていないとついつい多くつけすぎてしまい厚くなって浮いてしまうこともあるので注意しましょう。最初は少量にして足りなければ増やしていくというかんじでケアをしていきましょう。

コンシーラーの使い方


コンシーラーは使い慣れていないとどうやって使うのがいいのか迷う方も多いと思います。商品やメーカーによっても効果的な使い方が違ってきますので、まずは説明書に書かれているとおりに使ってみるのが良いと思います。

百貨店で購入する場合には、ブランドのカウンターで相談してみるのもいいと思います。スキンケアの知識が豊富な美容部員の方が的確にアドバイスしてくれるはずです。

手持ちのファンデーションとの色合いも大事になってきます。お店で購入する際には目視だけでなく、サンプルを実際に肌に塗ってみて伸びなどを確認しておくのが良いと思います。

コンシーラーで毛穴が悪化する?


カバー力が高く毛穴を目立たなくすることができるコンシーラーですが、あんまり頻繁に厚塗して使っていると毛穴の状態が悪くなることもあるようです。コンシーラーに含まれる油分が毛穴に入ることでニキビなどの炎症を起こしやすくなることもあるようですし、注意が必要です。

ニキビやニキビ跡を隠したい場合には、そうしたニキビを隠すのに特化したコンシーラーを使ったほうがいいようです。そういうのであれば油分が少なくてニキビの悪化も防ぎやすくなるようです。

コンシーラーの使いすぎで毛穴づまりを起こすことがないように気をつけて使いましょう。メイクとコンシーラーはしっかり落として、すすぎ残しもないように気をつけていきたいですね。

コンシーラーは毛穴の状態を改善するようなものではないので日頃のスキンケアや生活習慣を改善してコンシーラーに頼らなくても良いように毛穴のケアをしていきましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。