深刻な顔の毛穴をなくす方法





顔の毛穴が目立つ原因


鼻の毛穴がぶつぶつになってしまうと精神的なダメージも大きくなりますしなんとかキレイにしたいところですよね。こうした肌トラブルを改善するためには原因をしっかり把握しておくことが大事になってきます。

顔の毛穴が目立つ要因としては皮脂の過剰な分泌があります。皮脂はお肌を守るために必要な成分ですが、過剰に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなります。皮脂を完全に抑えることはできないので過剰な分泌を抑えることが大事になってきます。

皮脂が過剰に分泌される要因はいろいろありますが、肌の乾燥によって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。肌が乾燥してカサカサになってくると皮脂は肌から分泌されて肌に潤いをもたらそうとして過剰に分泌していきます。

空気が乾燥している時期なので顔がテカテカになりやすい方はこうした乾燥によって皮脂が過剰にでている可能性があります。このときに皮脂が多いからと言って洗顔をしまくったりすると逆効果になってしまいます。

過剰に洗顔することで肌の潤い成分が落とされて余計に乾燥しやすくなり、皮脂が増えるという悪循環になりやすいです。この場合には保湿をしっかりすることが大事になってきます。

他に皮脂が過剰に出る要因としては、食生活の乱れの影響もあります。糖質を過剰に摂取するのもよくありません。糖質を代謝するためにビタミンB群を必要とします。ビタミンB群は皮脂を抑制する作用がありますが、このビタミンB群が糖質の代謝に使われてしまうことで皮脂の抑制が抑えられて過剰な皮脂の分泌につながってしまいます。

顔の毛穴をなくす生活習慣


まずは食生活の見直しが重要です。甘いものや食品添加物が多いインスタント食品、コンビニ食品、ファーストフードも皮脂の過剰な分泌をしやすくしますのでほどほどにしておきましょう。

間食をしていると食事の量が減りやすくなって十分な量の野菜とか果物がたべられなくなってしまいビタミンやミネラルが不足しやすくなってしまいますので注意が必要です。

少し前に糖質制限ダイエットが注目されましたが、糖質を減らすことで皮脂の過剰な分泌の抑制にもつながりやすくなりますので、糖質を減らすのもいいと思います。無理にやりすぎると良くないので極端にならずに少しずつ減らしていきましょう。

食事以外ではストレスのケアも大事です。過剰なストレスで自律神経をやられてしまうとホルモンバランスが乱れてしまい皮脂が多くなりやすいです。ストレスは睡眠不足を引き起こしたり、様々な身体の不調も引き起こしますので気をつけましょう。

ストレスは自分でも気が付かないうちにジワジワ蓄積されているということもありますのでこまめにリフレッシュする時間をもうけたほうがいいです。ウォーキングとかで身体を動かしたり、お友達とおしゃべりを楽しんだり、カラオケで大声で歌うなどいろいろストレスの解消方法があると思いますので自分なりのストレス解消法を見つけていきましょう。

顔の毛穴をなくすスキンケア


毛穴をなくすには保湿をしっかり行うのが大事です。保湿の方法としては保湿成分が含まれた美容液を使うのが有効です。

美容液は化粧水よりも保湿成分が多く含まれているものが多いので効果的に乾燥対策できます。保湿のためには効果的な保湿成分が多く含まれているものを利用しましょう。

いろんな保湿成分がありますが、特にセラミドは効果が高いのでオススメです。こうした保湿成分が含まれた美容液を活用することで肌の乾燥を防いで皮脂の過剰な分泌も抑えることができます。

あとは現在、毛穴に角栓が詰まっている場合には酵素洗顔料を使うと角栓を除去できます。角栓に含まれるたんぱく質を酵素が分解してくれるのでキレイにすることができます。毛穴パックで角栓を除く方法もありますが、これはけっこう肌に負担がかかりますので注意が必要です。

無理やり肌からひっぺがす毛穴パックはほかの肌トラブルになってしまう可能性もありますのでなるべく控えたほうがいいです。やるとしても週に1回とかにしておいたほうがいいです。

肌のたるみによって毛穴が開いてしまっている場合には、ピーリング化粧品を使ってターンオーバーを促すのが有効です。ターンオーバーによって肌の弾力をアップさせる成分が生み出されて毛穴も目立ちにくくなります。

あとは納豆や豆乳、豆類などを食べてエストロゲンを増やすのも効果的です。エストロゲンはコラーゲンの再生を促す役割を果たします。エストロゲンを増やす毎日のバランスの良い食事が大事です。大豆製品やビタミンE、ビタミンB6などを含む食材を食べるとが増えやすくなります。

生活習慣を改善してホルモンバランスを整えつつつ、保湿や肌の弾力アップのケアをしていけば毛穴は目立たなくなるはずです。あんまり急にやろうとすると大変なのでできることからはじめていきましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。